子供の成長

健康に対する意味を理解させるカギは?

投稿日:

海藻には動脈硬化の防止や治療に効果のある不飽和脂肪酸を豊富に有します。なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。これは幼い子の知能の生育に役立つといわれている成分です。海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海の滋養が凝縮されたエキスを蓄積しているためです。たっぷりの海藻料理を毎日摂取して、海洋パワーで強い身体をつくりしょう。青汁の原料である野菜にはミネラルもたっぷりです。ミネラルは体を成す成分である一緒に、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、活力の生産など体の生命現象をバランスよく保つ働きを担います。さらに野菜には排便状態を整え、腸内環境を良好にしてくれる食物繊維がたっぷりあるのです。こうした栄養は体内で合成することはできませんから、食物をとおしてどんどん取り入れる必要があるのです。水分は血液・体液として人体のにおいて、欠くことのできないと思います。水の恩恵を改めて考えると、大腸の蠕動運動を活性化してスッキリに役立ったり、お肌に潤いを与え、食事前に飲むと胃液が出て消化を助けたり、汗をかくことや尿を出すことを促進して毒素や老廃物の排出に貢献しています。そして疲れてしまった場合、ナーバスになる時も沿うしたものを鎮める働きもするのです。子供の発育を支える柱が食物です。食物の栄養に秘められた力は、考えようによっては薬の効果をしのぎます。子供の日々食べているものこそが成長や発達のカギといえるほど関係します。まわりの人々、とり理由親の場合は、その意識を強く持っておくことが大切ですね。食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強力な役割を果たしますし、頭脳の成長に持とても大事です。お子さんに排便の習慣づけをさせ、その健康に対する意味を理解させるカギは、家庭でのコミュニケーションです。ブレックファーストをしっかり摂って、便意が起きたときは便器に座る、このリズムを体得させましょう。また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。理想的な便というのは、においもほとんどなくて、バナナに似たか立ちでまずはプカプカ浮くものの、段々と底に落ちていくようなイメージです。小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、例えるなら筋肉を鍛えて大きくするみたいに、知能に刺激を与えることにより能力が高まっていきます。栄養摂取においてはカルシウム(リンや塩分をたくさん摂ると吸収が阻害され、ビタミンDと一緒に摂ると吸収率がよくなります)やビタミンB1が脳機能にとって必須の栄養分です。さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにする効力があるとされています。近年になって排便に問題を抱える子が急増しています。うんちをため込んでいる子供の場合、すぐに疲れたり、集中力不足といった問題が生じています。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。子供のための浣腸とか便秘の薬もありはしますが、それらは最後の解決策と考えて多用は避けましょう。自然にスッキリできることを目指し食物繊維の多い食物や規則正しい生活をサポートしてあげましょう。2歳から5歳ごろは生活にリズムを確立させる時です。寝付くのが遅くなるほど、起床時間も遅れてしまい、生活時間も段々ズレが生じていきます。沿うして自律神経の調節も乱れて、年齢が上がると一緒に、心身の不調を経験することさえあるのです。幼児の頃の理想の睡眠時間(時間だけを気にするのではなく、質も向上させることが大事です)は、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。このリズムが3歳ごろまでに習慣化されていると理想的です。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.