子供の成長

発達途上の子供の脳を完成させるカギ

投稿日:

子どもが便通のリズムを身に着けさせ、そのことの重要性を教えるのに必要なのは、子どもに対する親の教育です。ブレックファーストをしっかり摂って、もよおしたらお手洗いに行く、そのパターンを習慣化しましょう。加えて、便通こそが日常の体調のレベルを知らせる警報であることを伝えていきましょう。良いうんちは臭いにおいもせず、バナナのような形状で最初は浮きますが、少しずつ下のほうへ落ちていく感じのイメージです。睡眠時は悩みや心配を忘れさせたり、ストレスをためないようにサポートするのにも有益です。子どものケースではそれと伴に脳の発達に関しても深い関係性を見出すことができます。そのため、たっぷりと眠ると言うことは、発達途上の子供の脳を完成させる目的でもカギなのです。仮に睡眠を妨げる深刻な要因があると、脳の発達が大聴く遅延するなどの問題も起こりえます。現代っ子は体格にも恵まれ身長も高く、手と足持とってもロングで、ちょっと前の人より魅力的なスタイルをしています。こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに趣向が変わってき立ためです。その反面、高血糖や高脂血症などの以前は日本ではあまり見なかった病が増加しているのです。もっと深刻なのは肥満や生活習慣病の子どもが格段に多くなってきている状態です。ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素は、他の栄養素の代謝を支える、体内の生理現象を調整するなどの重要な役割があります。全身の細胞をげんきにし、免疫システムを強化するために、いつも摂取する必要のある栄養です。レタスやトマトなどの野菜とかプルーンやブドウなどの果物の栄養のひとつであるビタミンは白血球のパワーを高めて免疫を向上させます。小児の脳機能は三歳や四歳ぐらいで通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。その先は使う程度によって段階的に発達し、筋肉を鍛えて強くするのと同じように、知能に刺激を与えることによって高いレベルのものに発展していきます。栄養の点からはビタミンB1・カルシウムが脳がしっかりはたらくために重要な栄養です。また魚や海藻に含まれるDHA/EPAは脳神経の流れを良好にするように働聴かけることが多く研究でわかりました。ミネラルは野菜にも多く含まれる栄養素です。ミネラルはからだを構成しているのと同時に、食物の消化吸収や老廃物の排出、活力の生産など体の生命現象をいい具合に整える働きがあります。また野菜類はお通じを良くし、腸内環境を良好にしてくれる食物繊維がたくさん含まれることを忘れてはいけません。これらは体ではつくり出せませんから、食べ物(外食の際や価格の安いものを購入する際には、特に注意した方がいいのかもしれません)から摂取することが不可欠なのです。子供の発育を支える柱が食物です。食物の栄養に秘められた力は、薬以上の影響をもつこともあります。子どもがどんなものを常に食べているかが成長を左右する要因となることがあります。まわりの人々、とり理由親の場合は、その重要性を自覚しておくことが大切です。食物は体の免疫力アップにも強力な役割を果たしますし、頭の発達にも深く関係します。海藻は血液がドロドロになるのを防ぐ不飽和脂肪酸を豊富に有します。中でもDHAについてはよく知られるところとなっています。それは乳児・幼児の知力の発達に有益な効力を持つと言われているものです。海藻類が希少な滋養分をもつのは、海の恵みがたっぷりと凝縮、蓄積されているためです。海藻を使ったヘルシーメニューを毎日モリモリ食べて、海のエネルギーで健康な体を築きましょう。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.