子供の成長

知力を意識的に鍛える

投稿日:

成長の時期にある小児は栄養が偏らないような食事を三食しっかりと食べることが肝心です。しかし、適切な量以上に大食すると、根本的にカラダに備わっているべき栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)の平衡度合いが崩壊しかねません。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられ沿うな程度のご飯をつがせて、自分の食欲と許容量の折り合いについて感じとれるように教育しているようですが、家庭でもまねできるかもしれません。野菜ジュースにはミネラルが多く含まれます。ミネラルは体を成す成分である供に、食べ物を消化吸収したり、老廃物を排出したり、体内活力の産生など生理作用をいい具合に整える働きがあります。また野菜には毎日のスッキリを応援し、腸内環境を良好にしてくれる食物繊維がたくさん含まれることを忘れてはいけません。この種のものは体の中では生産できませんから、食事によって摂取することが大切なのです。子どもらの脳みそはほんの3,4歳で大人の脳の85%程度にまで発達します。それからは訓練によって少しずつ発達し、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知力を意識的に鍛えることでさらにレベルがアップしていきます。特にカルシウム・ビタミンB1などの成分は脳がしっかり働くために重要な栄養です。さらにドコサヘキサエン酸やエイコサペンタエン酸も脳の神経伝達をスムーズにする効力があるとされています。今の時代の子たちは背も高く体つきもよく、手足もギュンと長くなっており、以前の人よりカッコよいスタイルをしています。こうなったのはご飯主体の伝統日本の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに趣向が変わってきたためです。一方では、心筋梗塞や糖尿病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。そして気がかりは小児の生活習慣からくる病気も格段に多くなってきている状態です。便秘に悩むおこちゃまたちがますます増えています。便秘がちなおこちゃまというのは、疲労感をすぐに感じたり、集中力不足といった問題が生じています。スッキリしていないことが発覚したらすぐに対処しましょう。おこちゃまのための浣腸とか便秘の薬もありはしますが、沿うしたものはどうしようもなくなった時の最後の方法としておき連用しないことです。自然にスッキリできることを目指し食べ物や生活習慣などの面でバックアップしてやりましょう。ベジタブルから摂れるビタミンなどの栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)は、ほかの栄養素(組み合わせが悪いとせっかく食べても吸収できなかったりするんだとか)が働きやすい環境を造る、体内の生理現象を調整するなどの重要な役割があります。細胞の一つ一つに活力を与え、病気への抵抗力を高めるのにいつも摂取する必要のある栄養です。ブロッコリーやパプリカなどのベジタブルや桃やバナナなどの果物にも含まれるビタミンについては白血球のパワーを高めて免疫を向上指せます。海藻は血管の硬化の予防・改善に役たつ不飽和脂肪酸という脂質(大きく分けると、単純脂質、複合脂質、誘導脂質などに分けられます)を含有します。なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。これについては子どもらの頭脳の発育にプラスになると考えられている成分です。海藻類にこのような貴重な栄養が豊富なのは、海洋のエキスが凝縮され蓄積されているからです。海藻を使ったヘルシーメニューを毎日モリモリ食べて、海のパワーでげんきに過ごしましょう。お子さんに排便の習慣づけを指せ、その大切さを認識(柔軟に変化させられることがいいといわれることもあります)指せるために必要なのが、家庭における意思疎通です。朝の食事をちゃんと食べて、便意が起き立ときは便器に座る、このリズムを体得指せましょう。また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識(柔軟に変化させられることがいいといわれることもあります)指せましょう。望ましいウンチの姿は、臭いという感じがなく、バナナ状のもので落ちた時は浮きますが、少しずつ下のほうへ落ちていく感じのイメージです。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.