子供の成長

知能をよく使い続けること

投稿日:

血液や体液など人間の体の内部の水分は、肝心な働きがあります。ごく僅かの水だとしても多彩な効能があり、腸を刺激してお通じを良くしたり、しったとりした肌にする作用があったり、食べる前に飲んで消化の備えができたり、汗や尿を出すのを後押しして、排泄すべき老廃物などを除去するのに役立っています。さらに疲労がたまったときやイラついた時にもそうしたものを鎮める働きもするのです。子供の脳の発達については幼稚園の年少ぐらいで通常の大人の場合の脳の8割を超すぐらいまで成長します。それからは訓練によって少しずつ発達し、まるで筋力をアップさせるためにトレーニングする時と同じように知能をよく使い続けることで高いレベルのものに発展していきます。栄養学の観点ではビタミンB1とカルシウムが脳が十分に回転するのに欠かせない栄養です。付け加えるとDHAやEPAには神経細胞のリンクを円滑にする作用を持っています。現代に生きる子供らは身長も高くて手足もギュンと長くなっており、古い時代の人より恰好が良いです。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から欧米の動物性食品中心の食事形式に日本全体が寄せていったからです。ところが、生活習慣(毎日繰り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。さらに懸念されるのは小さい子の太りすぎや生活習慣(毎日繰り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)による病気もどんどん多くなっていることです。ミネラルは野菜にも多くふくまれる栄養素です。ミネラル図らだを構成しているのと同時に、食べ物を消化したり吸収すること、余分なものの排出、エネルギーを産み出すことなど身体の生理現象をコーディネートする役割があります。そして野菜には便秘を防ぎ、腸内環境を良好にしてくれる食物繊維がたくさんふくまれることを忘れてはいけません。これらは体では作り出せませんから、食べ物から摂取することが不可欠なのです。海藻は野菜にも負けないビタミン類にミネラルなど健康増進に役たつ成分を豊かに蓄積しています。さらに白血球の作用を高めて、有効成分がなどガンをふくむ生活習慣(毎日繰り返している行動のことをいい、思考や健康状態にも大きな影響を与えます)病を防ぎ、免疫を強固にするうえでとても有効な食物です。水に溶けやすい食物繊維が海藻にはたくさんふくまれます。腸内細菌の増殖を促進して、大腸の運動がスムーズにいくよう助け、ビタミンB群をたくさん作りだすことなど肝要な働きを持ちます。子どもが便通のリズムを身に着けさせ、そのことの価値を学ばせるための中心が家でのしつけです。朝の食事をちゃんと食べて、もよおしてきたら排便に行く、そのパターンを習慣化しましょう。また、便はその日の健康状態を示すバロメーターの役割があることを認識させましょう。良いうんちは臭いにおいもせず、バナナのような形状で最初は浮きますが、徐々に沈殿していく感じです。子どもが水分を欲しがるようなときは、清涼飲料水や茶よりも水が一番良いのです。いろいろな添加物が入っていないので、細胞に吸収されるのが早いのです。中でも起き掛けの1杯の水は、休んでいた胃も覚醒し胃や腸はは盛んに動くようになります。空腹感が強まると供に、冷えた水のさわやかさによりスカッと眠気も飛んでいくでしょう。睡眠時は悩みや心配を忘れさせたり、ストレスを軽減するのにも一役買っています。子供にとっては、それと併せて大脳の成育についても深い関係性を見出すことができます。そのため、たっぷりと眠るといったことは、発達途上の子供の脳を完成させる目的でもカギなのです。仮に睡眠を妨げる深刻な要因があると、脳神経が十分に成熟しないといった状況もありえます。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.