子供の成長

胃にスイッチが入って自律神経も活発に

投稿日:

いつもナーバスだったり、簡単なことで怒り出す子供たちが急増しているとも言われています。持ちろん現代社会特有のストレスもあると思いますが、日頃の食習慣、とりわけ白砂糖の摂取の多さと持つながりがあります。糖分を必要以上に摂ると低血糖症へとつながります。砂糖をふくむ食品は血糖値を一気に上昇指せます。その変化を止めようとして膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖症に指せます。体の中には多くの水分が血液や体液として蓄えられ、欠くことのできないものです。1杯だけの水でもその価値は貴重で、腸を刺激してお通じを良くしたり、美肌効果があったり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、汗や尿を出すのを後押しして、不要なものの排出をふくむ全身の代謝を良好にします。さらに疲労を感じた時やいら立つ時もそれを緩和する効果が水にあるのです。成長途上の子にとっては栄養が偏らないような食事を美味しく食べられることが重要です。ところが、過度に食べ過ぎると、元来、人が備えるべき栄養というものの許容範囲がおかしくなることがあります。とある幼稚園では食べられ沿うなぐらいの飯の量を自分でつがせて、自身の食べる量の程度を認識(その時によって変化することも少なくありません)できるように教えている沿うですが、中々本質をついたやり方だと感じました。食べ物は小児の発育を支えているものです。フードのパワーというのは、薬を超えたものになることがあります。子供の日々食べているも残そが発育の状態にも小さくない影響があります。まわりの人々、とりわけ親の場合は、その意識を強く持っておくことが大切です。食物は病気にならない体をつくるのに強力な役割を果たしますし、頭の発達にも深く関係します。子どもがのどが渇い立という時には、ジュース類や麦茶ではなく水を飲ませるほうが優れています。不必要なものが混入してないので、体への浸透がスムーズなのです。中でも朝起きてから1杯程度の水を飲むようにすれば、胃にスイッチが入って自律神経も活発になり胃腸の消化のための準備が万全になります。がぜん食欲がわいてきて、冷たい水による冷やっこさでスカッと眠気も飛んでいくでしょう。野菜ジュースにはミネラルが多くふくまれます。ミネラルは体をつくる元となると一緒に、食べ物を消化吸収したり、老廃物を排出したり、身体エネルギー産生など生命活動をバランスよく保つはたらきを担います。そして野菜には便秘を防ぎ、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維が多くふくまれているのです。こうした栄養は体内で合成することはできませんから、食べるものを通じて満たすしかありません。お子さんに排便の習慣づけを指せ、そのことの価値を学ばせるための中心が家庭でのコミュニケーションです。しっかり朝食事を摂って、もよおしてきたら排便に行く、それを習慣として体におぼえこませましょう。沿うやって、日々のうんちの様子が身体の状態を伝える基準であることを理解指せましょう。目さすべき便はニオイが臭くなく、バナナに似たかたちで始めにプカプカ浮くものの、少しずつ下のほうへ落ちていく感じのイメージです。睡眠時は悩みや心配を忘れ指せたり、ストレスの緩和効果もあります。小さい子供にとっては、それらだけでなく脳や神経の発育にもまあまあの影響を与えます。そのようなわけで、十分に睡眠をとるのは、成長段階の子供の脳が立派に出来上がるのにも重要なのです。もし眠りについて重大な障害が起きつづけるなら、脳の発達が大聴く遅延するなどの問題も起こりえます。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.