子供の成長

起き掛けの1杯の水の効果

投稿日:

水分というのは身体では体液や血液などとして、重要な役目をしています。ごく僅かの水だとしても色々な効能があり、腸を活発にして便秘を防いだり、美しい肌作りに貢献したり、食前に摂取すると食物の消化を促進したり、尿と汗をよく出指せることで体内の不要物の排泄にプラスとなっています。そして疲れやイライラに関してもそれらを和らげる作用もあるのです。最近ではお通じがスッキリしない小児がとても多くなっています。ウンチの出ていない子は、疲れていることが多かったり、集中力(自分なりに集中力を高めるための工夫をすることで、仕事や勉強の効率が上がるかもしれません)が散漫になるなど体調不良を訴えます。便秘がつづいているようなら急いで対策を練りましょう。子どもでも使える便秘薬は市販されていますが、それらは最後の解決策と考えて多用は避けましょう。本来の自分の力によるお通じを取り戻せるよう食物繊維の多い食物や規則正しい生活を助けてあげることにしてください。イライラすることが多かったり、些細な事柄でぶちギレする子どもが増えつつあるみたいです。その背景としてストレスもあるとは思いますが、いつも食べているもの、特に砂糖の過剰摂取にも結びつきが感じられます。糖類の摂りすぎが低血糖の諸症状をまねきます。精製された白砂糖などは吸収が早く血糖値をギュンと上げます。その変化を止めようとして膵臓から多量に出されるインスリンが低血糖症に指せます。子どもが水分を欲しがるようなときは、何かのドリンクより水をまずは与えて下さい。いろいろな添加物が入っていないので、身体に吸収されやすいのです。中でも起き掛けの1杯の水は、胃の中への刺激で交感神経が活性化し胃腸の消化吸収の態勢がしっかりと整います。食欲が強くなっていき、冷水のクールな感覚でスカッと眠気も飛んでいくでしょう。これから大きくなっていく子伴にとっては栄養面でよく考えられた食事メニューを急がずにゆっくりと楽しい雰囲気で食べるのが最善です。ですが、必要量以上にバク食いすると、持と持と身体が求める栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)の平衡度合いが崩壊しかねません。これはある幼稚園ですが、子ども自身に食べられそうな程度の食事をつがせて、子ども自身の欲している容量の感覚としてつかむよう教えていますが、効果的な手段といえそうです。コドモの身体の健康と成長を支えるのは食物です。食物の健康効果というのは、考えようによっては薬の効果をしのぎます。小児が毎日食べているものは成長や発達のカギといえるほど関係します。まわりの人々、とりりゆう親の場合は、その大事さを忘れないでいることが必要です。食べ物の栄養が身体の抵抗力を強くするのにも強い効力を発揮しますし、頭(インドでは子どもだからといってなでたりすると、とても失礼な行為になるそうです。神様が宿るところだから触っちゃダメなんだとか)の発達にも深く関係します。今の時代の子たちは背も高く体つきもよく、手足の長さもサーと長く、ちょっと前の人より魅力的なスタイルをしています。この背景には炭水化物が多くなる日本古来の食事から肉類を中心とした欧米型のメニューに趣向が変わってきたためです。一方では、心筋梗塞や糖尿病など以前は日本人に無関係だった病も増加してきています。さらに懸念されるのは小さい子の太りすぎや生活習慣による病気も増してきている点です。子どもの脳というのは幼児期に成人の脳の約85%にも発達していきます。以後は環境に応じて徐々に鍛えられていき、言うならばトレーニングで筋肉が強くなっていくかのように、知力を刺激しつづけることでステージが上がっていきます。食物にふくまれるカルシウム(普段は骨に蓄えられていて、血中のカルシウムが不足すると骨から補われます)やビタミンB1は脳機能の発達を支える栄養素(不足していると、体調不良が起こってしまいますし、食欲が異常に湧いてくるなんてことも)です。付け加えるとDHAやEPAには神経細胞のリンクを円滑にする効力があるとされています。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.