子供の成長

食物は病気にならない体を造るのに強力な役割

投稿日:

お子さんの身体を育てるのが食べ物です。食べ物があらわす効果は、場合によっては医薬品以上です。子供の日々食べているも残そが発育の状態にも小さくない影響があります。周りの成人、中でも親としては、その大切さを忘れないでいることが必要です。食物は病気にならない体を造るのに強力な役割を果たしますし、脳や神経の発達面でも肝要です。すぐにイラっときたり、些細な事柄でぶちギレする子どもが増加傾向にあるようです。その背景としてストレスもあるとは思いますが、食事、中でも砂糖類の摂取が多すぎることと無関係ではありません。糖分の摂取が多すぎると低血糖症の症状が現れます。砂糖をふくむ食品は血糖値を一気に上昇指せます。その抑制をするためにインスリンという膵臓から出されるホルモンが大量に分泌され低血糖症に指せます。野菜の栄養としてミネラルも忘れてはいけません。ミネラルは体を造る元となると共に、口から食べるものの消化や吸収、不要なものの排泄、体内活力の産生など生理作用をぴったりよく維持する効果をもちます。さらに野菜には快調な便通に役たち、腸内の有害物もきれいに排出する食物繊維(以前は消化されないので、栄養素ではなく役に立たないと考えられていたそうです)が豊富なことで知られています。このようなものは体内ではつくり出されませんから、食事によって摂取することが大切なのです。小児に毎日のスッキリ習慣を習得指せ、その大切さを認識指せるために必要なのが、子どもに対する親の教育です。朝食をきちんと食べて、便意を感じたらお手洗いに座る、このリズムを体得指せましょう。沿うやって、日々のうんちの様子が身体の状態を伝える基準であることを理解指せましょう。目さすべき便はニオイが臭くなく、バナナのような形状で最初は浮きますが、段々と底に落ちていくようなイメージです。海藻は動脈が硬化するのを防ぎ、改善に持つながる不飽和脂肪酸を豊富に有します。なかでも目を留めたいのはDHA(ドコサエキサエン酸)の効果です。これは乳幼児の脳の発達に有効であるという研究報告のある栄養素です。海藻類が希少な滋養分を持つのは、海洋の滋養分がグッと詰め込まれているからです。海藻をふんだんに取り入れたメニューを日々テーブルに並べて、海洋のエネルギーを体に取り込みましょう。2歳から5歳ごろは生活にリズムを確立指せる時です。遅い時間に寝ると、朝、布団から起き上がるのも遅い時間になり、やがて生活時間もずれが大聞くなっていきます。その結果、自律神経系統の制御を狂わせて、成育するにつれて、心や体の問題を抱えることがあります。幼児の頃の理想の睡眠時間は、夜の8時就寝で朝は6時に起きるという感じの10時間ぐらいの睡眠です。こうした生活のリズムが3歳ごろまでに出来上がると理想ですね。水というのは体内では体液や血液としてあちこちに存在し、欠くことのできないものです。水の恩恵を改めて考えると、腸のはたらきを良好にして便通をスムーズにしたり、潤った肌を造るのに助けになり、食事前に飲むと消化液を出して消化にもプラスだったり、汗や尿の出を良くするよう作用して毒素など不要分の排出に繋がります。さらに疲労を感じた時やいら立つ時も沿うしたものを鎮めるはたらきもするのです。子どもがのどが渇い立という時には、ジュースでもお茶でもなく水こそ御勧めです。イロイロな添加物が入っていないので、スーッとカラダに吸収されるのです。特に起きてすぐに水をコップ1杯飲用すれば、胃にスイッチが入って自律神経も活発になり胃と腸の消化器としてのしごとがスタンバイされます。空腹感が強まると共に、冷水のクールな感覚でスキッと眠たさもなくなるでしょう。

-子供の成長

Copyright© 育脳の秘密 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.